Photo
handa:

Medieval Fish Market, a photo from Nordrhein-Westfalen, West | TrekEarth
Photoset

(元記事: gutsanduppercuts (petapetaから))

Quote
"非上場企業の投資家数が499を超えてしまうと株式公開をしなければいけないという米国証券取引法のルールがあり、Facebookはだんだんこの限界の数字に近付いているからです。"

証券取引法を骨抜きにするゴールドマンのFacebook出資 シリコンバレーの堕落は続く - Market Hack(外国株ひろば Version 2.0) - ライブドアブログ (via jutememo)

(gkojax-textから)

Photo

(元記事: wakatanabe (gkojaxから))

Photo
kagurazakaundergroundresistance:

gkojaxmeetsrebloggersuptown:

(via fuckyeahskinnybitch)(via r-e-m-e-m-b-e-r)
Photo
burgerwave:

d0gbl0g:

cm96weed:

http://cm96weed.tumblr.com/

nyoom

barkour
Photo
rairaiken424:

gif画像みたいから、お前らお気に入りのやつ貼ってけ - がぞ~速報
Quote
"信頼できない脳、落ち込み始めた心であっても、目の前の仕事を進めるにはどうしたらよいか?「GTD」のワークフローが役立つのはまさにこういう状況です。どんな状態であれ、あの有名なワークフローに沿って、将棋の駒を動かすが如く、ひとつひとつゆっくり丁寧に進めていけば、少しずつですが、仕事は前に進めることができます。つまり、ヤバイと感じた段階、まだやる気が少しでも残っている内に、あのワークフローに立ち戻って取り組めば、落ち込みつつある体勢を何とか立て直すことができる可能性が出てくるのです。"

うつ病の私がGTDを仕事術の中心に据えている理由 | Find the meaning of my life. (via nakano)

(gkojax-textから)

Quote
"

【自分がマイナー集団に属していて、抑圧されていると感じるとき、どう反逆すればよいのでしょうか?】

【投票やデモといった政治活動以外に、メジャー文化のルールに表面上は従いながら、そのルールの裏をかくという戦術もあるようです。】


[13]彼【フランスの思想家ミシェル・ド・セルトー】は現代の日常生活のなかの「戦術」として「ペルーク」をとりあげる。これはフランス語でかつ らを指し、転じて策略や機略を意味する言葉だが、日常的には労働の時間にこっそり自分の趣味や生活のための活動をしたり、仕事場の物品を自分のために流用 することなどを意味する。本来は自分の時間を資本にゆずりわたしているはずの時空において、工夫して自分の快楽を追求することが「ペルーク」である。(上 野ほか『カルチュラル・スタディーズ入門』p.64)


[14]実際、われわれの生活のなかでもこうした行為や活動はごく平凡なかたちで、おそらくさしたる自覚や動機もなしに行われていることは見てとれる。(同書、p.65)


【授業中の私語や内職や睡眠なんて、まさにそうですよね。】


【授業というのは教師側の文化の押し付けにほかならないわけで、しかも教師は学生の成績を評価すると予告して、話を聞くことを強制し、のみならず出 席までとったりして、その場にいることを強制します。授業の内容に興味が持てなければ、「ペルーク」で対抗するしかない。教室とは、異文化間にすさまじい 権力闘争が繰り広げられる場なのです。】


[15]このような他者のゲーム空間【他者のルールに従ってゲームをしなければならない空間】で自分の位置を確保しようとする戦術とそれによる抵抗 は、体制の支配や管理を拒否し破壊することばかりではなく、むしろそれらに見かけ上は従順に搦[から]めとられることじたいがすでに抵抗となりうることも ある。日常生活のなかで人々は些細なペルーク/機略を通して、自分より上位にある秩序、自分を操作の対象とする体制といつのまにか渡り合い、交渉を繰り返 している。日常生活における政治とは、投票やデモのような方法だけでなく、そのようにはからずも行われる抵抗としても生きられているのである。(同書、 p.66)


【与えられるものをすんなり真に受けない、ということ。理不尽な命令にはバカ正直に従わない、ということ。】

【というか、自分にとって何が「理不尽な命令」で、何が「理不尽じゃない命令」なのかを、じっくり考えること。】

【それこそが、カルチュラル・スタディーズの基本メッセージだとも言えるのです。】

"

文化研究の現在――カルチュラル・スタディーズについて (via nakano)

(gkojax-textから)

Quote
"畑記者からA社に取材依頼があった際は、次のように伝えられていたという。
「さまざまな顔認証の取材をしており、最前線のシステムとして取り上げたい」
「社名、製品名を出して掲載する予定」
「これから取材する別の顔認証システムも複数あるので、その一つとして掲載する予定」
 A社は、この取材趣旨をそのまま受け止め取材に応じた結果、誤った事実と不確かな法的解釈に基づく批判記事を書かれてしまったのだ。これは見方を変えれば、社会的影響力を持つ大手新聞による中小ベンチャー企業への営業妨害とも取れるし、趣旨に賛同して契約を決めたユーザー店舗にも損失を与えかねない行為といえよう。本記事内ではA社の社名も製品名も掲載されていないことから、畑記者の後ろめたさも感じられる。"

読売新聞記事に捏造の疑い、取材対象者から抗議受けた記者は「いい宣伝になったでしょ?」 | ビジネスジャーナル (via otsune)

(petapetaから)